白髪染めでアナフィラキシーが起こるかも?

白髪染めは医薬部外品なので、スーパーやドラッグストアでも簡単に手に入れる事が出来ます。
しかし、白髪染めの中にはパラフェニレンジアミンというアレルギー反応を引き起こす可能性のある薬品が配合されており、アレルギー体質や敏感肌の方にとっては危険を伴う場合も考えられます。
中でも白髪染めとアナフィラキシーショックの関係ですが、アナフィラキシ―ショックとは、強いアレルギー反応の事で、最悪の場合死に至ります。
そもそもアレルギー症状とは、身体にアレルギーのもととなる存在が侵入することで、拒否反応を引き起こし、炎症や、痒みなどを引き起こします。
アナフィラキシ―ショックとなりますと、更に強いアレルギー反応を引き起こし、舌や首などの血管性浮腫みなどによる呼吸困難が起きたり、顔全体の激しい痛み、炎症、せき込みなど深刻な症状を引き起こす事もあります。
特にアレルギー体質の小さい子供が白髪染めを舐めてしまうと血液中にパラフェにレンジアミンが循環してしまい、死亡するケースもあります。
海外では大人でも死亡している例がありますので、白髪染めといえども決して侮ってはいけないのです。
一番安全なのは、有害な物質を含まない白髪染めを使用することが、頭皮や毛髪、そして健康にもよいとされています。